楽天カード 審査 更新

楽天カード入会審査で見られる項目とは。審査落ちで考えられる理由

楽天カード 自動審査

 

楽天カードの審査について見ていきましょう。

 

楽天カードの審査にあたって判断される情報は、申し込みで入力される内容によることが考えられます。

 

楽天カードの入会申し込みに必要な情報を見ていくと、
個人情報は名前、生年月日、住所、連絡先などに加え、家族構成や年収などの項目があります。

 

それらを総合的に機械審査しているようです。

 

審査落ちする理由としては、記載の内容が事実と異なっている場合があります。
まずは虚偽や誤った記載のないように、個人情報の入力を確実に行うことが必要です。

 

また、金融事故歴やブラックリストに載っている可能性もあります。

 

クレジットカード会社は与信調査で過去の事故歴などを調べることができますので、与信調査で引っかかっていると審査落ちすることがあるようです。ただし、楽天カードは楽天グループで使用できるよう審査は他のカードよりも易しくなっているようです。100円=1ポイントの高還元、入会金、年会費無料でクレジットカード初心者にオススメです。

 

楽天カードの入会条件は、満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)
*高校生は除くというものです。

 

未成年(保護者の承諾が必要)や無職、専業主婦の方にも入会でき、他のクレジットカードに比べ、作りやすいと言えます。
楽天カードを作るのには引き落としの銀行口座と個人情報の入力、楽天グループのアカウントが必要です。

 

銀行口座は郵便局や信用金庫でも大丈夫で、楽天銀行を登録講座にするとポイントが増えるプログラムもあり、使いやすいです。

 

→ 審査も素早い楽天カードの詳細

楽天カードは更新時にも審査があるのか

楽天カードは有効期限が切れると自動的に更新されますが、この更新時にも再審査は行われるんでしょうか?

 

実は、楽天カード更新のときも審査が行われます。

 

審査の結果、カードのご利用可能枠が減額したり、状況によればカード更新が見送られることもあります。

 

また、審査に関する質問、例えば、

  • 「楽天カード更新の審査は、どのようにして進められるのでしょうか?」
  • 「クレジットカード更新されない場合、どんな理由で審査に落とされるでしょうか?」
  • 「クレジットカードの支払い延滞がすると、更新はできないでしょうか?」

といった審査の内容についての質問は、コールセンターに電話しても回答してもらえません。

 

カードは自動更新となっているのでの「申込書の再提出」などの手続きのは必要ありません。

 

楽天カードでは過去の利用内容などを確認し、 「更新の判断」を行っています。
そのため最初の審査を通過された方でも、更新までの数年間に、他社クレジットの支払い遅延または滞納や債務に関する問題が確認された場合、カード更新が見送りになる可能性もあります。

 

ですからほとんどの場合、支払いの滞納や遅延なく支払いをされていれば、高い確率で更新できると考えて大丈夫です。

 

更新されたカードは有効期限満了月の前月下旬から、満了月の初旬頃に請求書送付先へ有効期限を更新したカードが送られてきます。ETCカードも同じく、有効期限満了月の前月下旬から、満了月の初旬頃にクレジットカードとは別送で送られてきます。