楽天カード edy

皆さんは楽天Edyを使っていますか?
楽天Edyは、専用端末にタッチするだけでお支払いができるプリペイド型の電子マネーです。

 

楽天カード edy

 

コンビニや飲食店、ドラッグストアなど全国たくさんの加盟店があり、広く普及してきました。

 

ピッと小銭なしでスマートな会計ができることや、楽天ポイント、ANAマイルなどがたまることなどもあり、今とても人気です。

 

 

 

実は、この楽天Edyと楽天カードが1枚のカードになった「Edy機能付き楽天カード」というものがあります。

 

新しく楽天カードを作る方は、申込時に「Edy付」を選ぶことができます。

 

Edyなしの楽天カードをすでに発行している方は、楽天e-NAVIからEdy付への切り替えの申込が可能です。

 

(通常は切り替え手数料が1080円かかりますが、現在は無料キャンペーンが行われています。)

 

お申込後、3〜7営業日くらいで手元に届きます。新しいカードが到着するまでの間も、今持っている楽天カードは引き続き利用できるので安心です。

 

ちなみにカード番号(16桁)は切替後も変更はありませんので、引き落としなどにカードを登録している場合も、手続きの変更などは必要ありません。

 

 

 

1枚にまとめることでお財布に入れるカードを減らすことができ、じゃんじゃんポイントを貯めれる!というお得なカードです。

 

→ Edy機能付き楽天カードを申し込むならコチラ

楽天カードの締め日は何日なのか?

 

楽天カードの締め日は、基本的には毎月月末となっています。

 

でも、楽天市場を利用した場合の締め日は、原則として毎月25日となっています。
ただし、利用したお店によっては請求月が前後することがあります。

 

また、締め日までにカードを利用した場合でも、お店によってはカードの利用情報が楽天カード株式会社に到着するタイミングが遅れたり、事務処理上の都合があったりして、楽天カードを利用した分の請求月が利用月の翌月ではなくて翌々月以降となる場合もあります。

 

特に、雑誌などの定期購読料、電気・ガス・水道などの公共料金の支払い、楽天ETCカードの利用代金、海外のお店やインターネットの一部のお店で利用した場合などでは、カードの利用情報が楽天カード株式会社に到着するまでに時間がかかる場合があります。

 

カードを利用した分の請求日は翌月27日となっていますが、27日が金融機関の休業日の場合は翌営業日となります。

 

念のため、金融機関の前営業日までに口座の預金残高が足りているかどうかを確認しておく必要があります。

 

締め日の情報に基づいた当月の請求額については、毎月12日頃に更新されますので、楽天e-NAVIにログインして確認することができます。