楽天カード ETCカード

楽天カード ETC

 

楽天カードには楽天ETCカードもあります。
楽天カードが発行するクレジットカードに付帯できるETC専用のカードになります。

 

楽天カードの発行は年会費が永年無料、デザインも豊富にありますが、ETCカードの発行には年会費は540円かかります。

 

しかし、楽天ブラックカード、楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードに付帯している場合は、年会費はかかりません。

 

ETCが付いた楽天カードを申し込むことで、最大で2000ポイントを受け取れることもあります。

 

楽天ETCカードは、通勤やお出かけの際に高速道路を利用すると、通行料金100円につき1ポイント貯まります。

 

毎日利用する方でしたら賢く、確実にポイントを貯めることができます。

 

また、車でのお出かけに必要なガソリンの支払いも楽天カードをいつも通りに使用するだけで、ポイントをゲットすることができます。

 

なかには給油だけではなく、洗車、オイル交換、カーグッズなどの購入でもポイントが2倍になるサービスステーションもあります。

 

しかし、このカードを申し込むにあたって、ETCシステムを利用するための車載器も必要となります。

 

楽天ETCカードは、お出かけ、通勤をするのに便利でお得なカードです。

楽天カードでETC年会費を無料に出来る方法とは?

 

楽天カード ETC 無料

 

楽天ゴールドカードやプレミアムカードなら、ETCカードの年会費は無料になりますが、本カード自体の年会費が結構掛かるので、入会にはちょっと躊躇しますね。

 

でも安心してください。

 

ノーマルの楽天カードでも年会費を無料に出来る方法があるんです。

 

その方法とは、ズバリ「楽天会員ランクを上げること!」

 

具体的には、ETCカードの更新時期に楽天会員ランクが、プラチナ、もしくはダイヤモンドであれば、ETCカードの翌年の年会費が無料になるんです。

 

楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員様特典

 

楽天ETCカード申込時点の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの年会費は初年度無料となります。なお、自動音声ダイヤルなどでのお申し込みの場合は、所定の審査後のカード発行日時点(カード契約日)の会員ランクで判定いたします。

 

楽天PointClub会員ランクの切り替わるタイミングによっては、年会費がかかる可能性がございます。

 

次年度以降は、ETCカード年会費請求月(ETCカード入会月の翌月)の楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合には、楽天ETCカードの次年度1年間のETCカード年会費は免除(無料)となります。

 

<楽天カード公式サイトから引用>

 

 

じゃあ、どうすればプラチナ会員になれるんでしょうか?

 

こういう基準があります。

 

「過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得」

 

15回以上ってけっこう多いなという方もいるかもしれませんが、実は楽天カード利用でのポイント獲得も回数に入るんです。

 

すなわち、楽天カードで8回、楽天市場で買い物すると
楽天市場買い物8回 + 楽天カード利用8回 = 16回ポイント獲得
という具合にダブルカウントされるんです。

 

これならスグに条件クリアできそうですね。

 

もちろん、高速の料金のetc払いでも1回毎に楽天ポイントが付くので、通勤やレジャーで高速を使う方なら、スグにプラチナ会員にランクアップできるので安心ですよね。

 

→ ETCカードも付帯できる楽天カードの詳細