楽天カード クレヒス

楽天カード利用でもクレヒスは積めるんでしょうか?

クレジットカードの利用情報記録「クレヒス」は信用の記録でもあります。
年会費永年無料、審査が比較的軽めと言われる楽天カードでもクレヒスはちゃんと付くんでしょうか?

 

 

結論をはじめに言ってしまうと、
楽天カードでもちゃんとクレヒスは付きます。

 

クレヒスには信用情報機関と楽天カード社内の履歴に分かれます。

 

楽天カードが加盟している信用情報機関はCICとJICCであり、他社のカードも加盟している信用情報機関の情報は審査で閲覧できますので、楽天カードでクレヒスを積んで優良なクレヒスを作ることにより、他社のカードでの審査においても有利です。

 

楽天カードから信用情報機関には、申し込み履歴、クレジット契約の成約、クレジットの利用・支払い、クレジットの契約終了の時登録されます。

 

楽天カードのクレヒスで一番気になるのは、楽天カードでショッピングをして、支払いの履歴がクレヒスとしてきちんと登録されているのかということだと思います。

 

楽天カードでは、信用情報機関にクレジットにしっかり支払いをしている月に$マークが記録され、毎月定期的に使用していると$マークが続き過去24か月分の記録が残ります。
支払いが滞納されたりすると他のマークが記録され、取引がない月は空白です。

 

そのため、$マークが並んでいると支払いをきちんとしている優良なクレヒスになります。
逆に支払いをルーズにしているとすぐにばれてしまいます。

 

申し込み履歴もクレジットカードを「申し込みした事実」として登録され、6カ月経過するまで情報が保持されているので、ポイント狙いで他社のクレジットカードを次々と申請して、カードが審査に落ちたら問題なのでクレヒスの注意点です。

 

楽天カードの社内クレヒスは楽天カード社内でのクレヒスで、利用限度額が増えたり、上位カードの案内が来るようになります。

 

信用情報機関のクレヒス保有期間は、楽天カード契約中と解約5年以内のなので注意が必要です。

 

→ クレヒスもちゃんと付く楽天カードの詳細

 

楽天カードを持つと空港ラウンジが使えるってホント?

 

楽天カード 空港ラウンジ

 

ラウンジとは空港の中にある静かで特別な待合室のこと。
ソファーに座って新聞を読んだり無料で提供されたコーヒーをゆっくりと味わって飲む事が出来ます。

 

仕事机に設置されているパソコンを使って、無料でインターネットを楽しめます。

 

ラウンジは本来有料になっていて、利用料がかかります。

 

しかし楽天カードの中の楽天ゴールドカードであれば、特別に無料で利用が出来ます。

 

もちろん空港によって提供されるサービスの内容は異なるが、アルコールドリンクを注文したりコピーをお願いするのは別途有料オプションとして別途料金がかかります。

 

大きい空港程ラウンジのサービスは充実していて、軽食や生ビールまで無料で提供してくれる所もあります。

 

楽天ゴールデンカードの年会費は2160円です。
この元を取るには、空港に行ったらラウンジで無料サービスを満喫するようにします。

 

楽天ゴールドカードを持っている本人はもちろん、年会費540円で家族も一緒に利用が出来ます。

 

楽天カードの家族カードの発行は、その家族が18歳以上にならないと発行はしてもらえないです。

 

17歳以下の子供がいる場合は、各ラウンジにより異なるが2歳以下の場合は同伴者として無料で3歳から11歳は小人として大人の半額で12歳以上は大人と同額の料金を支払う事になっているのが多いです。