楽天カード 最短 発行

楽天カードはポイント還元率も良さそうだなあと感じていて、

  • 発行されるまでどのくらい時間がかかるの?
  • 最短で発行、カード受け取りできるのは何日?
  • 楽天カードの即日受け取りは出来ないの?

こうした疑問を持っている方も多いでしょうね。

 

申し込むなら楽天カードと決めているけど、発行までの時間が気になっている方向けに、楽天カードの申し込みから発行、受け取りまでの期間についてまとめてみますね。

 

楽天カード 最短 発行

 

→ 最短発行で楽天カードで申し込むならコチラ

 

楽天カード 申し込み入口tp

 

最短で申し込みから楽天カード発行まで何日?

 

楽天カードに限らず、申し込みをしたら、一日でも早く手元に持ちたいと思うのは当然のことですよね。

 

実際、インターネット上の申し込みサイトから、楽天カードを申し込むと、最短で言うならものの数分で審査完了、発行決定となるようです。

 

つまり最短なら、1日もかからずに楽天カードは発行されるということ。

 

 

ただし、手元に楽天カードが届くまでの期間で言うと、発行からさらに2〜5営業日かかると言われています。

 

楽天カード 最短 何日

 

楽天カードを「あなたに発行しますよ」と決定すると、いろいろな処理がはじまります。
具体的にいうと、データセンターへの登録であったり、カード板面の製作やナンバリング、送付書類の用意、梱包作業、宅配業者への封筒の受け渡し等など、事務処理的な段取りが必要になってきます。

 

まぁこれは当然ですよね。

 

私のケースでいうと、ネットでカード申し込みをしてから、自宅で楽天カードを受け取ったのは実際5日後でした。

 

口コミなど見てもだいたい4日から1週間程度で受け取ったという意見をよく見かけますね。

 

これを一つの基準として考えていたら、間違いないのでは。

 

 

楽天カード申し込み入力注意点!最短発行を目指すなら

 

最短で楽天カードの発行、受け取りを目指すなら、ネットの申込みする時点でぜひとも注意してほしい項目があるんです。

 

この注意点についてご紹介していきます。

 

 

住所や年収などありのまま、正しく入力する

 

楽天カード申し込み専用サイトから、あらかじめ決められている事項に入力していくことでカード発行申し込みをしていきます。

 

この時、入力間違い入力忘れなどがあった場合、後日楽天カードから情報を確認する電話があることも。

 

当然電話で確認が取れるまでは、審査は一時停止状態になります。

 

これでは時間が無駄になってしまいますよね。

 

仮に電話が繋がらない、または電話で確認が取れない、なんて事態になってしまったら、この時点で最悪、審査落ちしてしまうことも。

 

だから、カード最短発行を目指すなら、申し込みフォームへの入力は、確実に、空欄なしでしっかりと行って下さい。

 

収入金額や勤務先で嘘を書くのはもっての外です!
正しく、確実に入力しましょう。

 

楽天カード 最短 入力項目

 

 

電話番号の欄は、あるだけ全て入力する

 

携帯の電話番号があるから、それだけ記入しておいたらいいだろう。

 

そう考えてしまうのは危険です。

 

前に書いたとおり、入力ミスなどで楽天カード側が「これは電話して確認した方がいいな」と判断した項目があると、直接あなたに電話がかかってくることがあります

 

 

その場合、1つの電話番号しか記載していなくて、仕事や遊びでその電話に出られないこともあるでしょう。

 

また、電話番号自体の入力間違いもないとは限りません。

 

 

そうしたケースでも複数の電話番号を入力しておけば、繋がらない番号以外の電話回線に確認の電話をかけてくれることもあるんです。

 

当然、こうした方が時間的にも有利です。

 

だから自宅の電話番号以外にもスマホの電話番号なども入れておくほうが賢明でしょうね。

 

もちろんお仕事用の携帯があるなら、その電話番号も入れておきましょう。

 

連絡した時にちゃんと応答できる人ということは
、審査的な側面からもポイント高いという評価に繋がるのでは。

 

 

キャッシング枠は0円にする

 

申し込みフォームの中で「キャッシング希望金額を選択して下さい」という項目があります。

 

キャッシング機能をつけると、ポイントがプレゼントされます的なメッセージもあるんですが、ここでは必ず「0円」を選択するようにして下さい。

 

こうすることで最短発行に一歩近づけます。

 

その理由は、キャッシング枠の審査が必要なくなるからです。

 

 

通常クレジットカードをレジで出して決算するのは「ショッピング枠」での利用です。

 

それとは別に現金をATMから引き出せるキャッシングという「キャシング枠」の利用があります。

 

キャッシング=借金ですので、借金をするためショッピング枠と別部門での審査が必要です。

 

収入や勤務状態など、別の部署でしっかりと別の審査を行うので、ショッピング枠だけの審査と比べて時間がかかってしまいます。

 

最短で楽天カード受け取りをしたいのならば、キャッシング枠は利用しないようにして下さい。

 

 

「いざという時のためにキャッシング枠を持っておきたい!」とお考えの方も安心して下さい。

 

ここでキャッシング枠無しで申し込んだとしても、後から楽天e-NAVIでキャッシング枠を追加で申し込むことも出来るんです。

 

 

ですから、とりあえずはキャッシング枠なしで最短でカードを手にして、1週間後くらいにキャッシング枠を申し込んでもいいかもしれませんね。

 

キャッシング枠はショッピング枠と比べると審査が厳し目なのでここは注意しておきたいところです。

 

 

 

最短で楽天カード審査を受けられる時間ってあるの?

 

続いて、申し込むベストな時間帯について考えて行きましょう。

 

実は平日の朝〜夕方までが最短発行を実現するためのベストな時間帯と言えます。

 

楽天カード 最短 時間帯

 

何故かと言うと、カード発行審査業務は、平日の朝(10時)から始まるんです。
まぁこれは一般的な企業と同様ですね。

 

インターネットでの楽天カード申し込みは365日24時間休み無しで受け付けています。

 

ただし、入力は受け付けているのものの、入力されたデータを元に審査をする係の人間は朝10時から審査作業をスタートするんです。

 

仮に夜中2時に申し込みフォームの入力が終わっても、翌朝にならないと審査されません。

 

 

でもだからといって、朝から入力フォームを開いて入力しましょうと考えないで下さい。

 

申し込みフォームの入力項目はそこそこあるので、パソコン操作になれない方なんかは思ったよりも時間がかかってしまって、今日中に申し込めなかったなんてことも起こりえます。

 

とは言っても、住所や名前、勤務先や世帯年収など、入力する項目自体はごくシンプルなものですので、その点は心配しないで大丈夫ですよ。

 

ただ、少しでも早く、できれば最短で楽天カードを受け取りたいと考えるならば、平日の朝を待たずに、今スグ申込みフォームから入力していきましょう!

 

土日祝日の審査はやっていないようなので、週末は平日より発行までの時間が余分にかかると思って下さい。

 

またゴールデンウィークや年末年始、お盆休みなどの連休付近は特に時間がかかると覚悟して下さいね。

 

というわけで、楽天カードを最短で手に入れたいなら、時間帯を考えずに今すぐ24時間受け付けの専用サイトフォームから入力に進んで下さい。

 

→ 今すぐ楽天カード入会申し込みサイトへ移動する

 

 

楽天カードを即日受け取りするには?

 

 

百貨店のカードなんかだと、申し込んだ当日に仮カードを渡してくれて、即日お買い物に使えますなんてパターンもあるんですが、

 

楽天カードは即日発行、受け取りには対応していないんです!

 

残念ですが、24時間申し込みをWEBで受け付けている反面、仮カードの即日発行などは行っていません。

 

楽天カード 最短 受け取り

 

セゾンカードなんかだと、セゾンカウンターが開いている時には、即日対応できるんですが、楽天カードの場合、その点ではちょっとデメリットかもしれませんね。

 

 

ただ、これまで書いてきましたように楽天カードは申し込み完了から、審査はスムーズに行けば即日発行、カード自体の発送にプラス2,3日、最短で3日後には受け取りできる計算です。

 

即日受け取りは流石に無理でも、案外早めに手に入ります。

 

最短で手に入れるためにも、「入力項目って何があるのかな?」と一度申し込みフォームをご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

→ 楽天カードの申し込みフォームを見てみる